行政書士・社会保険労務士 習志野法務総合事務所 国際部門

 ・国際部門TOP
 ・国際結婚・配偶者ビザ
 ・日本への永住(永住許可)
 日本国籍の取得(帰化)
 会社設立・投資経営ビザ
 外国人の雇用・就労ビザ
 ・ビザの更新(在留期間更新)
 ・ビザの変更(在留資格変更)
 在留特別許可(オーバーステイ)
 中国語・韓国語の翻訳
 ・事例紹介
 ・手続きにかかる期間・費用
 ・お問い合わせ・ご相談方法
 ・事務所案内
 ・お役立ちリンク
日本への永住(永住許可)
外国人が外国籍のまま日本に永住しようというときに必要な手続きです。
永住許可を取ると、在留活動の制限がなく、在留期間の更新・変更申請の必要がなくなります。

→お問い合わせはこちら

  永住許可の要件とは?


永住許可の要件は、原則として10年以上継続して本邦に在留し、かつ現在の在留資格で最長の在留期間を有していることが求められます。さらに、留学生として日本へ入国した方は、卒業して就労ビザへ変更後、5年以上経過していなければなりません。(10年以上の在留かつ5年以上の就労資格)

また、緩和措置として下記のようなものがあります。
  ・日本人の配偶者等、永住者の配偶者等→婚姻期間3年以上かつ引き続き
1年以上日本に在留
  ・日本人、永住者や特別永住者の実子または特別養子→
1年以上
  ・定住者→
5年以上
  ・難民認定を受けたもの→
5年以上
  ・外交、社会、経済、文化等の分野において我が国への貢献が認められる者→5年以上

その他の要件は下記の通りです。


 @素行が善良であること
   →不法滞在・不法入国・交通事故・刑事罰・税金滞納などの経歴に注意
 A独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
 B申請人の永住が、日本の利益に合致すると認められること


→お問い合わせはこちら


上へ戻る

  永住許可申請の必要書類は?

 @パスポート・外国人登録証明書
 A永住許可申請書
 B理由書
 C在職証明書
(法人の役員⇒法人登記簿謄本、自営業⇒確定申告の控)
 D納税証明書
(住民税納税証明書・固定資産税・事業納税証明書等)
 E源泉徴収票
 F預貯金等の残高証明書・不動産登記簿謄本
 G身元保証に関する資料
(職業証明書及び1年間の取得証明書・住民票)
 H住居の概要
 I親族の概要
 J身分関係を証する書面
 K叙勲されたものはその写し

  注意事項
  ※上記のほかにも関係書類が必要となる場合があります。

上へ戻る

  永住許可申請 標準報酬額(税込)

永住許可申請書類の作成及び申請代行の報酬額です。
今までの在留状況や、生活状況などをお聞きした上で正式なお見積もりをさせていただきます。
まずはお気軽にご相談下さい。

      ・永住許可申請・・・105,000円
      
         ※許可が下りた際は、印紙代8,000円が別途必要になります。

         ※必要書類の取り寄せ代行などは、別途加算がございます。


→お問い合わせはこちら
                                             TOPページ

行政書士・社会保険労務士
習志野法務総合事務所 国際部門
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5−6−14 松本ビル3階
       (京成津田沼駅徒歩2分、1階は洋菓子の不二家さん)
TEL 047−451−1065  FAX 047−451−1387
E-Mail narashino@world.ocn.ne.jp
Narashino General Office (Immigration Lawyers)
     Matsumoto Building 3F. 5−6−14
     Tsudanuma, Narashino City, Chiba




 

≪習志野法務総合事務所 総合案内≫