習志野法務総合事務所 経営法務部門
トップページ
新会社法対策
 特例有限会社
 旧法の株式会社
起業支援
 会社設立手続き
 ・各種許認可申請
 事業計画書作成
経営支援
 ・定款変更・議事録作成
 就業規則・賃金規程作成
 補助金・助成金獲得
 ・各種認証・認定取得
 外国人の雇用・ビザ申請
 ・顧問契約
アウトソーシング
 会計記帳・給与計算代行
 公簿取得代行・各種調査
 自動車手続代行・車両管理
業種別サポート
 建設業
 運送業
 不動産業
 風俗営業
運営事務所概要
 運営事務所のご案内
料金表
 報酬額表
お問い合わせ
 お問い合わせ方法
 風営業者様へのサポート   風俗営業許可申請 〜出店を計画中の皆様・・・〜
スナック、クラブ、キャバクラや麻雀店等の風俗営業を営もうとする場合、風俗営業の種別に応じて公安委員会の許可が必要になります。
許可申請の為には営業場所の用途地域の調査に始まり、多岐にわたる書類の収集や独特な図面作成等を、法律や条例に基づいて行う必要があるため、営業主の方が出店準備と併せて申請準備をされるのは大変な労力と手間がかかります。

 当事務所では、法律を熟知した専門家が警察への事前相談から申請書の作成・提出まで一貫してサポートいたしますので、安心して出店準備に専念していただけます。 まずはお気軽にご相談ください。

  

風俗営業の種類
風俗営業許可申請手続きの流れ
風俗営業許可申請の主な必要書類
風俗営業許可後の変更手続き
手続に係る費用


→お問い合わせはこちらから
 風俗営業の種類
 「風俗営業」は主に以下に分類され、営業種別に応じて許可が必要になります。

  1号営業:キャバレー等、客に「ダンス」をさせ、「接待」をしてお客に「飲食」をさせる営業
  2号営業:スナック、クラブ、キャバクラ等、お客を「接待」して「遊興」又は「飲食」をさせる営業
  7号営業:麻雀店、パチンコ店
  8号営業:ゲームセンター
 
 ※上記は、一般に言うところの「風俗店」とは異なります。
上へ戻る

 風俗営業許可申請手続きの流れ

@初回打合わせ(初回相談は無料です)
  お電話・メール・当事務所で


A実地調査
  営業所の場所、用途地域、近隣の保護施設の調査を行います。
  営業許可を受けられない地域があるので事前の調査が必要となります。
  「住居専用地域」「準住居地域」や、学校・保育所などの「保護施設」近くでは出店ができません。


B必要書類の収集・営業所の実測
  住民票、身分証明書等の取得や、営業所の平面図や求積図の作成を行います。

C申請書の作成

D営業所を管轄する警察署へ申請

E警察署による営業所の構造検査
  営業所の構造設備が風営適正化法の許可基準を満たしているか否か、申請内容と相違ないか等を調べる立入り検査が行われます。
  市区町村によっては、消防署や市役所による立ち入り調査が行われる場合もあります。


F許可
  提出した申請書類と構造検査に問題が無ければ、Dの申請書類受理から55日以内に許可がおります。

G営業開始

※その他、お客に「飲食」をさせる営業を行う場合、保健所による「食品営業許可」を営業開始前までに取得する必要があります。
上へ戻る

 風俗営業許可申請の主な必要書類

@許可申請書(別紙様式第2号)
A営業方法を記載した書面(別紙様式第3号)
B営業所の使用について権原を有することを明らかにする書類 
    ・賃貸借契約書の写し
    ・建物登記簿謄本 など
C営業所の平面図・求積図など
D営業所の周囲の略図
E用途証明書
F住民票の写し
G身分証明書
H「成年被後見人」及び「被保佐人」の登記されていないことの証明書
I人的欠格事由に該当しない旨の誓約書
J申請人が「法人」の場合以下も必要
    ・定款
    ・会社の履歴事項全部証明書
    ・役員全員のFからIの書類
K「管理者」に関する書類(営業所ごとに「管理者」一人を選任する必要があります。)
    ・業務を誠実に行う旨の誓約書
    ・FからIの書類
    ・写真2枚
L飲食を提供する場合は「食品営業許可証」

※営業の種別や地域によって、他の確認資料の提出が必要となる場合があります。
上へ戻る

 風俗営業許可後の変更手続き

以下のような変更が生じた場合、「変更届」を営業所を管轄する警察署に提出する必要があります。

・申請人の氏名又は名称、住所の変更(変更から10日以内)
・申請人が法人の場合はその名称、住所、役員の氏名又は住所の変更(変更から20日以内)
・営業所の名称変更(変更から10日以内)
・管理者の氏名、住所の変更(変更から10日以内)
・照明設備や防音設備の変更(変更から10日以内)
・その他営業所の構造又は設備についての軽微な変更(変更から1ヶ月以内)

さらに、以下の変更はあらかじめ「変更承認」を受ける必要があります。
・営業所の大規模な模様替えや修繕
・壁、ふすまその他営業所の内部を仕切るための設備の変更

上へ戻る

 手続に係る費用(税込)

・風俗営業許可申請<新規>  
   行政書士報酬 210,000円〜
   法定費用     27,000円(パチンコ店は除く)

・変更届
   行政書士報酬 31,500円〜
    + 別途法定費用がかかります
  
・変更承認
   行政書士報酬 52,500円〜
    + 別途法定費用がかかります


・食品営業許可申請<新規>
   行政書士報酬 52,500円〜
   法定費用    16,000円(飲食店営業の場合)

上へ戻る
                                            トップページ

行政書士・社会保険労務士

習志野法務総合事務所 経営法務部門
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5-6-14 松本ビル3階
TEL 047−451−1371  FAX 047−451−1387
E-Mail narashino@world.ocn.ne.jp





≪習志野法務総合事務所 総合案内≫