トップページ
新会社法対策
 特例有限会社
 旧法の株式会社
起業支援
 会社設立手続き
 ・各種許認可申請
 事業計画書作成
経営支援
 ・定款変更・議事録作成
 就業規則・賃金規程作成
 補助金・助成金獲得
 ・各種認証・認定取得
 外国人の雇用・ビザ申請
 ・顧問契約
アウトソーシング
 会計記帳・給与計算代行
 ・公簿取得代行・各種調査
 自動車手続代行・車両管理
業種別サポート
 建設業
 運送業
 不動産業
 風俗営業
運営事務所概要
 運営事務所のご案内
料金表
 報酬額表
お問い合わせ
 お問い合わせ方法


 公簿取得代行・各種調査   
 日頃、会社の様々な業務において登記事項証明書や公図などの公簿をとり寄せる場面があります。 

 オンライン化が進んだとはいえ、不動産・商業登記簿謄本(登記事項証明書)や閉鎖登記簿謄本、さらに公図や地籍測量図・建物図面などは、まだまだ実際に足を運んで調査の上、取得しなければならないケースもあります。

 当事務所では、そのような不動産や会社の調査を含めて、各種公簿の取得を代行致します。 どうぞご利用下さい。

  ・不動産に関する公簿について
  ・会社・法人に関する公簿について
  ・公簿の取得代行手数料は?

 →お問い合わせはこちらから

 →詳細な調査をご希望の方はこちら(法務調査部門)

 不動産に関する公簿について

 ・不動産登記簿謄本・抄本(登記事項証明書・要約書)

 ⇒ 不動産の正確な所在地・所有者(共有者)・持分・抵当権等が表示されます。
抄本(一部事項証明・所有者事項証明等)では、その中の部分的な事項(マンションの専有部分や所有者部分・共有者部分等)についてのみ表示されることになります。


要約書は、従来の「閲覧」に換わるものであり、不動産の主要な部分のみが記載されています。
登記官の認証文も付きません。

 ・
閉鎖登記簿謄本
 ⇒ 閉鎖登記簿謄本には、コンピュータ化に伴うものと、合筆・滅失に伴うものがあります。
昔の所有者や抵当権の内容について調べる場合に取ることがあります。
この閉鎖登記簿は閲覧することも可能です。

 ・公図、地籍測量図(不動産登記法第17条地図)
 ⇒ 公図は、明治時代の地租改正によって作られた地図を元にして作られており「地図に準ずるもの」として暫定的に置かれているものです。 この公図は実際の土地の形状と異なっている場合も多々あり、完全に信用はできません。

地籍測量図(不動産登記法17条地図)は地籍調査を元に作られた図面であり、方位や隣接地番・地積等がわかります。かなり正確な図面といえるでしょう。この地籍調査を経たものが公図に換わって地籍図(不動産登記法第17条地図)として法務局に置かれます。

 ・建物図面
 ⇒ 建物図面は、建物の表示登記の際に添付されたものであり、建物と敷地の位置関係や形状、各階の平面図、さらに縮尺・寸法・床面積などが記載されています。
この建物図面が現状と異なる場合は、建物の増改築時の表示変更登記をしていない場合が考えられるでしょう。

 会社・法人に関する公簿について

 ・登記簿謄本・抄本(登記事項証明書)
 ⇒ 法人の名称(商号)・所在地(本店)・目的(事業内容)・役員(取締役・理事等)・支店所在地等が記載されてます。
登記事項証明書の中でも、全部事項(謄本)か一部事項(抄本)か、さらに現在事項証明(現在効力があるもののみ記載)や履歴事項証明(今までの変更の履歴)、閉鎖事項証明がありますので、目的・用途に合わせて取得すると良いでしょう。

 ・コンピュータ化に伴う閉鎖登記簿の謄本・抄本
 ⇒ 現在は登記事項証明書を取得すると、コンピュータ化される以前の履歴は載ってきません。もしコンピュータ化以前の会社・法人の内容や役員履歴を調べたい場合は、この閉鎖登記簿謄本や抄本を取得する必要があります。

 ・代表者事項証明書
 ⇒ 代表取締役や代表理事など、代表権のある者の証明としてこの代表者事項証明があります。代表者の資格証明書に換わるものです


 公簿の取得代行手数料は?

取得代行手数料一覧表
依頼内容 基準報酬額
(税込)
法定費用 備考
登記事項証明書(不動産・法人) 1件3,150円 1通1,000円 同じ物件につき複数取得する場合でも加算はありません。(閉鎖謄抄本は別料金)

同一法務局内にて別の物件・法人も取得する場合、2通目以降は1通ごとに1,050円ずつ加算
登記事項要約書(不動産) 1件3,150円 1通500円
公図・地積測量図・建物図面 1件3,150円 1通500円
閉鎖登記簿謄本・抄本 1件3,150円 1通1,000円
代表者事項証明書 1件3,150円 1通500円  
謄本等取得を含む各種調査 1件5,250円 別途ご請求 依頼内容に応じた調査を行います。柔軟かつスピーディーな対応がウリです。

受託可能地域
千葉県 千葉市・習志野市・船橋市・市川市・松戸市・鎌ヶ谷市・八千代市・浦安市・佐倉市・成田市
東京都 江戸川区・墨田区・江東区・葛飾区・台東区・中央区
※上記以外の地域はご相談下さい。


★オンラインにより調査する場合は料金が異なります。
その際は別途御見積致します。




上へ戻る
                                          トップページ
  
行政書士・社会保険労務士
習志野法務総合事務所 経営法務部門
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5-6-14 松本ビル3階
TEL 047−451−1371  FAX 047−451−1387
E-Mail narashino@world.ocn.ne.jp





≪習志野法務総合事務所 総合案内≫